Archive

Archive for 6月, 2016

パリの公園 Parc Floral Paris

6月 3rd, 2016
パリの公園 Parc Floral Paris はコメントを受け付けていません。

Parc Floral Paris

今年の5月のゴールデンウイークには、フランスへ行かれた方も多かったようです。昨年12月のテロ事件後、旅行者が激減してパリの人たちは歯ぎしりしたことでしょう。「これはテロリストの思うつぼだ」と。ですから、「是非パリへ来て!」とパリに住んでいる人たちからラブコールが頻繁に送られてきたりもしました。「日常を変えないで暮らすことが唯一の抵抗」と言っている人もいます。ですから、日本から再び少しずつながらも観光に訪れる人が増えることは喜ばしいことでしょう。Atsukoさんもその一人。ちょくちょくフランスへ出かけて行って、観光客というよりも町の中に溶け込んで住人の目線で滞在を楽しんでいるようです。今回は12区VincennesにあるParc Floral Paris(パリフラワーパーク)に行かれたそうで、写真を送ってくださいました。

Bonsai

Vincennesの森はナポレオン・ボナパルトが19世紀に軍隊の演習場として使用していたものですが、ナポレオン3世が1860年にパリ市に譲渡し、パリの西16区にあるBoulogneの森と対になるように公園として整備されたそうです。広さは31ヘクタール。(新宿御苑は58ヘクタール少々ありますので規模が何となくわかりますね。)パリ市内の公園としては4番目の規模だそうで、都会の中のオアシスといったところでしょうか。この公園の造形には日本的な要素も見られるようですが、これは1964年に東京オリンピックが開かれたときに影響を受けたものだそうです。Atsukoさんが送ってきてくれた写真にも盆栽がたくさん見られます。その名前の通り、季節ごとにいろいろな花が咲きそろい、広々としたスペースではピクニックをするパリ市民も多いそうです。イベントもいろいろ開かれているようですから、石畳の散歩に飽きた向きにはこのような草木に囲まれた空間でのんびり過ごすのもいいかもしれません。最後はAtsukoさんのコメントです。

この時期、日が長いので20:00までopenです。園内には盆栽庭園?もあります。ちびっこ連れが沢山いました。フランス人をはじめ、アラブ系やアジア系の人も沢山いて、皆仲良く、テロなんてない平和を願わずにいられませんでした。

 

フランス情報