外国人マダムと料理などの文化にふれあい会話を学ぶ|千代田区・飯田橋駅近 |IBSインターカルチャー

新着情報

フランス語「フランス料理サロン」2016年6月17日(金)開催

Cours de cuisine:Table estivale「夏の食卓」

段々と暑い日が増えてきました。6月の末にはフランス人の学校は夏休みに入り、フランス恒例のバカンス移動が始ります。日本の6月は梅雨の時期に入り、湿度も高く、快適とは言いがたい季節です。そんな時に爽やかなヨーグルトベースのガスパチョはいかがでしょう?ミントの風味が口いっぱいに広がります。また夏バテ予防にガッツリごちそうを!という方には子羊の骨付き肉のローストに夏野菜をたっぷり使ったティアンを添えて。
ワインがすすむこと請け合いです。デザートはメレンゲレモンタルト。この時ばかりは日常の忙しさをしばし忘れてリラックス。ベランジェールのサロンに座ると、あら不思議!パリのアパルトマンにいるような錯覚に。五感を通してフレンチカルチャーを体感する貴重な時間を是非貴女も体験なさってください。



アイコン 講座概要
■ 募集状況 募集完了 (満員につき募集終了しました。)
■ 日  時 2016年6月17日(金)11:00〜15:00
■ 言  語 フランス語
■ 講  師 Bérengère GUICHARD(ベランジェール・ギシャール)
■ 場  所 渋谷区神宮前
■ 最 寄 駅 東京メトロ:半蔵門線・千代田線・銀座線「表参道」駅より徒歩5分
■ 参 加 費 8,200円(材料費・消費税込)
■ 定  員 6人まで
■ 申込期限 2016年6月6日(月)まで
■ 対  象 初級 中級 上級
■ 通  訳 あり

アイコン メニュー:
  • ・Gaspacho de concombre et yaourt à la menthe, garniture croquante
    (きゅうりとヨーグルトのガスパチョ、ミント風味、カリカリのトッピング)
  • ・Carré d'agneau,(*)tian de légumes provençal
    (子羊の骨付き肉、野菜のティアン、プロヴァンサル風)
  • ・Tarte au citron meringuée:(メレンゲレモンタルト)
  • ・Vin:(ワイン)
  • ・Café ou thé:(コーヒーまたは紅茶)

  • (*)tian(ティアン):角形の耐熱容器に野菜の薄切りを重ねてオーブンで焼いたもの

アイコン 講師:Bérengère GUICHARD(ベランジェール・ギシャール)のプロフィール

2014年9月に夫の赴任に伴って家族と来日しました。私は45歳。20歳、18歳、14歳の3人の子供がいます。フランスでは財務と人事の仕事をしていました。仕事のかたわら、料理にもずっと情熱を持っていました。
2005年から2008年までの最初の日本滞在のときには、日本人とアメリカ人の女性たちにフランスの伝統料理を知ってもらおうと料理レッスンの教室を開いていました。
帰国後2009年にはトゥルーズでプロの料理人対象の料理コースでフランス料理の基本となる技術と理論を学びました。

アイコン 講座に関するお問い合わせ・お申し込みは

下記ボタンにて(フォームにリンクします)お問い合わせいただくか、
電話:03-3263-9396にてお願いいたします。

お問い合わせ

アイコンの説明

  • 初級対象 ⋅⋅⋅これから勉強してみたいと思っている方が対象です。
  • 中級対象 ⋅⋅⋅日常会話での聞き取りは5割~7割できるが、話すのはやや苦手な方が対象です。
  • 上級対象 ⋅⋅⋅日常会話での聞く・話すのどちらも問題ない方が対象です。
  • お問い合わせ電話
  • スタッフブログ 日々礼賛
    カルチャー講座の様子はスタッフブログでも紹介しています。
  • イベント・講座のご案内
ページの先頭へ