外国人マダムと料理などの文化にふれあい会話を学ぶ|千代田区・飯田橋駅近 |IBSインターカルチャー

新着情報

フランス語「フランス菓子サロン」12月9日(月)開催

クリスマス菓子 Bûche de Noël(ビュッシュ・ド・ノエル)
フロランスの今年最後の菓子サロンは、フランスの代表的なクリスマス菓子を作ります。

Bûche de Noël(ビュッシュ・ド・ノエル)は「クリスマスの薪」という意味のお菓子です。一説によるとこの菓子のルーツは昔クリスマスイヴに暖炉で燃やした太い薪からきているとか。現在でも一部の地方ではこの習慣が残っているそうですが、この菓子自体は1870年以降にパリの菓子屋が作ったのが最初といいますから、比較的新しいお菓子です。
Fruits déguisés(フルイ・デギゼ)は、ドライフルーツなどをマジパン(アーモンドパウダーと卵白、砂糖を混ぜ合わせて作った生地)で包んで、果物などの形に成形したお菓子。
マジパンは中東が発祥ともいいますが、中世にはフランスの貴族の間ですでに食べられていたようです。ヨーロッパではクリスマスの菓子として店頭に並び、ケーキのデコレーションに使わたりもします。
フランスに始まりフランスに終わる貴女の「フランス年」の締めくくりに、今年のクリスマスのデザートは是非手作りのBûche de Noël(ビュッシュ・ド・ノエル)を!!

講座概要 募集完了(満員につき募集終了しました。)
■ 日  時 2013年12月9日(月)13:00〜16:00
■ 言  語 フランス語
■ 講  師 Florence MASSARDIER(フロランス・マサルディエ)
■ 場  所 港区白金台
■ 最 寄 駅 東京メトロ:南北線/都営地下鉄:三田線
「白金台」駅(徒歩3分)
■ 参 加 費 ¥6,000-(材料費・消費税込)
■ 定  員 6人まで
■ 申込期限 2013年11月29日(金)まで
■ 対  象 初級 中級 上級
■ 通  訳 有り

メニュー:
 - Bûche de Noël(ビュッシュ・ド・ノエル)
 - Fruits déguisés(フルイ・デギゼ)

料理教室風景

講師:Florence MASSARDIER(フロランス・マサルディエ)のプロフィール

ご主人の仕事の関係でアメリカ合衆国、スエーデン、中国で暮らした後、2012年8月から日本に住んでいます。二人の男の子がいます。スイーツが大好きで、趣味が高じて生まれ故郷、リヨンの菓子職人から菓子作りを習うまでになりました。なかでもチョコレート作りが得意です。インターネットにサイトも開設しているので、そこから彼女手作りのチョコレートを注文することもできます。
Délices tout Chocolat:
https://sites.google.com/site/chocoholicflo/


講座に関するお問い合わせ・お申し込みは

下記ボタンにて(フォームにリンクします)お問い合わせいただくか、
電話:03-3263-9396にてお願いいたします。

ページの先頭へ